Quick Documentation of context in excavation field/ 発掘調査現場での迅速な記録:出土状況等

先にも投稿した通り、3Dワークショップin千葉の目標は、発掘調査現場での迅速かつ精確に記録する方法、手順を理解することです。先の投稿では土層断面を例に挙げましたが、3D計測記録の利用は視覚的な出力(オルソー画像等)に限りません。点群データにもとづく3D計測記録は、各点の3次元座標を保持しているので、計測記録後、個別の点の座標を読み取ることが可能です。

画像は、CloudCompareのpoint pickingツールを利用した例です。単一の点だけでなく、複数の点を連続して指定し一括してリスト出力することも可能です。これを利用すると、座標を与えられた参照点を含む範囲を写真計測→低解像度処理→出力(この場合正確なオルソー画像でなくても可)→出力画像上に対象物の番号を記入し取り上げ→事後に3D計測データ上で座標を取得というワークフローを構築できます。

3D計測記録は座標を取得するためだけに利用しても良いですし、微細図にも利用できます。個別範囲の画像を事後に接続すればより広い範囲(場合によっては調査範囲全体)の出土状況記録にもなります。また遺物出土位置等の単点に限らず、遺構の範囲などに適用できることは言うまでもありません。ほかのツールを利用すれば、距離や面積の計測、方位や角度の取得も可能です。これらの情報を事後に取得可能になれば、現場作業で十分な時間が確保できないため断念せざるを得なかった記録も実施できるようになるでしょう。

このように多くの情報を事後取得可能なツールとして3D写真計測を学ぶことが、千葉WSの目標です。奮ってご参加ください。


What we can acquire from 3D documentation is not only visual images. 3D models are generated upon dot clouds and each dot (point) is recorded with its 3D coordinate (x-y-z). Therefore we can read and extract x-y-z information of each points or list up selected points (i.e. location of artefacts) by 3D model browsers like as CloudCompare.  Therefore we can build a simple and quick field documentation workflow as follows:

1) 3D documentation (photogrametry) with reference points (GCPs);
2) processing (in low resolution for quick result);
3) output (either print out or digital image), in this step, no need to add or refer actual coordinate and create orthographic image;
4) numbering on artefacts and recording it on output;
5) acquiring x-y-z coordinate of each artefacts location from 3D model in later, after giving appropriate reference of coordinate to 3D model.

Of course, these 3D models can produce orthographic images or profiles. Distance between points, surface areas, orientation, inclination, etc. can be acquired as well. No need to record entire working area in one time. You can stitch multiple records. And all these works can be done afterward. So you can well-organize your field work in the busiest  phase. It means that you get an option for additional documentation when you have less time for work in the field.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中