Lithic Technologies and Human Evolution

 本サイトは、石器技術と人類史に関するいくつかの研究プロジェクト、関連するトピックを扱うものです。パキスタンにおける2つの総合調査(ソアン川流域シンド州北部)、3D石器形態研究、および関連プロジェクト・学会の4項目が中心となります。

ブログエントリ 3dlm_halfbanner_back

3D計測の技術・方法を普及するワークショップを開催します

3D計測ワークショップ


This web site is focusing on research projects of Lithic Technologies and Human Evolution which the site owner conducting or participated in, and related topics in archaeology, anthropology, palaeoenvironment and other related scientific fields. Main subjects are as follows: field research projects in Pakistan (the Soan Valley and the northern Sindh), 3D lithic morphology, as well as related research projects and academic conferences.

Weblog post 3dlm_halfbanner_back

広告
パネル1

3D Lithic Morphology/ 3D石器形態研究

    JSPS Kakenhi Grant-in-Aid for Scientific Research (C) (17K03232) “Building 3D Lithic Morphology for revealing behaviour, technology and culture of the Upper Palaeolithic in Japanese Archipelago”, aka 3D Lithic Morphology (3DLM) project is aiming on establishing the digital 3D archives for technological and functional analyses of prehistoric stone tools. The main approach of this project is that aggregated application of high resolution 3D measurement techniques including laser scanning and photogrametry on lithic material, searching effective indicators in lithic morphology on acquired data set, maintaining the ground for comparative study of archaeological and experimental material, then integrating the methodology of 3D Lithic Morphology eventually.

Project

BLOG Post

Archeological morphmetrics workshop

MET workshop


Musashidai_model


 日本学術振興会科学研究費助成事業(基盤研究(C))「3D石器形態研究の確立による日本列島後期旧石器時代の生活・技術・文化の解明(略称:3D石器科研)」(課題番号17K03232)は、先史時代の石器の技術および機能を分析するための3Dデジタル・アーカイヴの構築を目的としています。本プロジェクトでは、レーザー・スキャナ、写真計測などによる高精度3D計測手法を集約的に石器資料に適用し、収集したデータセットから石器形態研究に有効な示標を探索、考古資料と実験製作資料との比較研究の基盤を整備し、それらを総合してあらたな方法論としての3D石器形態研究の確立を目指します。

プロジェクト

ブログエントリ

考古形態測定学研究会

実験製作・3D計測ワークショップ

科研成果の公開共有を含め、3D計測について普及を進めるためのハンズオン・ワークショップを開催します。適宜、ご案内いたします。

3D計測ワークショップin横浜:3Dデータ処理・加工編

(終了)3D計測ワークショップ in 横浜

(終了)3D計測ワークショップ in 千葉

パネル2

The JASPAR Initiative/ JASPAR: 日本-スペイン-パキスタン考古学共同調査プロジェクト

[revised on 5-July-2018]

The JASPAR: Japan- Spain- Pakistan Archaeological Research is the international collaborative research initiative coordinated by NPO Japanese Centre for South Asian Cultural Heritage (JCSACH); Universitat Pompeu Fabra (UPF), Spain; Shah Abdul Latif University (SALU), Pakistan; and Centre for Documentation and Conservation of the Heritage of Sindh, Endowment Fund Trust for Preservation of the Heritage of Sindh (CDC-EFT), Pakistan. The JASPAR Initiative has organized under MoU between 4 parties. It aims 1) to develop academic and educational cooperation and to promote mutual understanding between Pakistan, Spain and Japan; and 2) to develop collaborative activities in the fields of archaeological studies and preservation of the cultural heritage of Sindh.

Currently JASPAR brings together three international research projects such as Cultural History of PaleoAsia (Scientific Reearch on Innovative Areas, MEXT Grant-in-Aid Project FY2016-2020), RAINDROPS (ERC-stg-2017), as well as ModAgrO, and the national-level research projects from SALU. JASPAR aims wider objectives in 1) Palaeoenvironment, 2) Archaeology, and 3) Ethnoarchaeology. It is started from the general survey of northern Sindh from the Thar desert to the eastaern foot of Kirthar Range in February 2018.

Blog post


 JASPAR: 日本-スペイン-パキスタン考古学共同調査は、NPO法人南アジア文化遺産センター(JCSACH)、ポンペウ・ファブラ大学(PFU:スペイン)、シャー・アブドゥル・ラティーフ大学(SALU:パキスタン)、シンド文化遺産保存信託基金ドキュメンテーション・センター(CDC-EFT:パキスタン)の間で締結された協力協定(MoU)の下で、2018年2月より開始された国際共同プロジェクトです。本プロジェクトでは、1) 日本・スペイン・パキスタンの学術・教育上の協力と相互理解の促進、および2) パキスタン・シンド州における考古学と文化遺産保護の分野における共同事業の実施を目的としています。

 JASPARによるフィールド調査は、パレオアジア文化史学(文科省科研費学術新学術領域研究)、RAINDROPS(Resilience and Adaptation to Drylands: 乾燥地におけるレジリエンスと適応:ERC-Stg-2017)、ModAgrO(農耕の起源と発展のモデリング研究)の3つの国際研究プロジェクトと、SALUによるパキスタン国内の研究プロジェクトを合同するかたちで進められます。調査研究の対象は、a) 古環境研究、b) 考古学、c) 民族考古学(エスのアーケオロジー)と多岐にわたります。2018年2月には第1回目のフィールド調査として、タール砂漠からキールタル山地東麓にいたるシンド州北部の総合調査を実施しました。

ブログエントリ

ヴィーサル・ヴァレー・プロジェクト
ウェブサイトブログフェイスブックページ
(本プロジェクトで継続実施します)


Principle Investigating Institutions

Logo_Chilas_ver_en
NPO Japanese Centre for South Asian Cultural Heritage, Tokyo, Japan

Logo_UPF
Universtat Pompeu Fabra, Barcelona, Spain

SALU_Logo
Shah Abdul Latif University, Khairpur, Pakistan

eft-logo
Centre for Documentation and Conservation of Heritage, Endowment Fund Trust for preservation of Cultural Heirtage, Sindh,
Hyderabad, Pakistan
Funding Source (on-going)
PaleoasiaLogo_back
Cultural History of PaleoAsia
Collaborators
LANG-logo-cs4
LANG CO., LTD., Morioka, Japan
Funding Source (finished)
三菱財団人文科学研究(2016-17)/Mitsubishi Foundation 2016-17
日本旧石器学会研究グループ支援(2013~15)/JPRA Research Group Assistance 2013-15
高梨財団学術助成(2013,2014)/Takanashi Foundation 2013, 2014
パネル3

Soan Valley Project/ ソアン川流域総合調査

The Soan Valley is the one of most well-known archaeological field in research history of Palaeolithic study in Asia. However, this fascinated field is not approached by researchers since ’80s. We, Pakistan-Japan Archaeological Mission (PJAM), have revisited localities described in renowned publication by de Terra and Patterson (1939) and following reports for acquiring accurate coordinates and taking samples. Establishing chrono-stratigraphy for revealing palaeoenvironment, geomorphology and human evolution from the early to the late Pleistocene is majour subject of the project.


パキスタン北部、ソアン川流域はアジアにおける旧石器時代研究の学史においてもっとも著名なフィールドのひとつである。しかしながら、1980年代以降、この地での本格的な調査は行われていない。私たち日本・パキスタン考古学共同調査は、学史に名を刻むde Terra and Patterson (1939) 『氷河時代と人類文化の研究』および後続の報告書に記載された地点を再訪し、正確な位置座標を記録するとともに、分析試料の採集を行なっている。前期更新世(258万年前以降)~後期更新世(1万1千7百年前まで)の古環境、地形発達史、および人類の変遷を解明するための年代層序を確立することがプロジェクトの重要な課題です。

パネル4

Research Field/ フィールド

日本語版は下↓

Click markers to see the detail

Legend
Bluish markers: Field Activities;
Greenish markers: General research Project
Reddish markers: Laboratory Activities (measurements and analyses);


マーカーをクリックすると詳細が表示されます


凡例
・青:フィールド調査
・緑:研究プロジェクト
・赤:計測・分析等